カマグラ≒バイアグラ

カマグラは比較的副作用を感じやすいと言われています。どのような症状が起きるのかを説明していきます。

カマグラの副作用

カマグラの有効成分として配合されているシルデナフィル、この成分は身体に対して非常に大きな影響を与える成分です。

したがって、カマグラを服用した際には身体にとって嬉しい作用だけではなく、体調の悪化などを引き起こす副作用が発生することもあります。

副作用の症状には比較的起こりやすいと言われる副作用、そして非常に重く身体に悪影響を及ぼす副作用の2つがあります。

正しく知って備えることにより、カマグラをより安全に使用し服用できるようになるため、カマグラを使用する際には必ず副作用にはどういった症状があるのかを知りましょう。

そして同時に、副作用が現れた際にはどのように対処をすれば良いのか、という事も合わせて知り、自己で改善をするかそれとも意志の力を借りるのかを判断できるようにもなりましょう。

副作用を自覚しやすいED治療薬

カマグラの特徴として、ED治療薬の中でも「副作用を自覚しやすい」という特徴があります。

このカマグラの持つ副作用を自覚しやすいという特徴、これは副作用の症状がわかりやすい物が多いという事です。

このような自覚に関する特徴はカマグラに限った話ではなく、カマグラの有効成分であるシルデナフィルを使用したED治療薬、それこそ先発薬のバイアグラも同じです。

したがって、バイアグラを基としたシルデナフィルを有効成分に使用する医薬品というのは、他のED治療薬と比べて副作用が強く現れ自覚しやすいという特徴があるのです。

カマグラを服用する際にはどういった症状が現れるのか、どのような症状が現れやすいのか、といったことをしっかりと知った上で使用するようにしましょう。

起こりやすい副作用

カマグラを服用した際に起こる副作用、その中でも発生しやすい症状についてここでは紹介します。

カマグラの服用によって発生する副作用の中でも、比較的発生頻度が高い症状の特徴として、シルデナフィルの持つPDE-5の阻害作用、そこから生まれる「血管拡張作用」によって発生するという特徴があります。

血管の拡張作用というのはPDE-5の活動が阻害されることによって、平常時であっても拡張しやすい状態となります。

そのため、何もしていなくとも全身の血管が拡張したような状態となってしまい、その結果副作用として多くの症状が出るようになるのです。

具体的にどういった症状が出やすいのか、そしてそれらの症状がなぜ起こるのか、といったことなどについて知ってみましょう。

頭痛

はじめに紹介する副作用は頭痛です。

この頭痛の症状というのは、一般的に偏頭痛と呼ばれる種類の頭痛によく似た症状となります。

頭痛が副作用で発生するメカニズムとしては、まず体内の血管がカマグラの作用によって拡張された際に脳内の血管が広がった状態となります。

そうすると脳が血管の拡張された分だけ頭蓋骨に密着し押されたような状態となります。

そしてその後、血管の周辺で炎症反応などが発生し始める、もしくは圧迫されている部位に対して痛みが走るようになり、偏頭痛に似た痛みが発生するようになります。

この頭痛の症状というのは時間の経過によって徐々に沈静化していくことが報告されているため、もし副作用として頭痛の症状が現れた際には一旦休息を設け、頭痛が治まるのを待ってみるというのも良いかもしれません。

目の充血

次に紹介するのは目の充血です。

目の充血の症状がどれくらいのレベルで発生するのか、というのは人によっても違っていますが、中には白目部分のほぼ全て真っ赤に見える程に充血をしてしまう人もいます。

この充血という症状も血管拡張によって起こる現象で、眼球の内部や表面、その周辺にある毛細血管がシルデナフィルの作用によって拡張することにより、眼球に多量の血液が流れ込みます。

その結果、目の白目部分が真っ赤に充血したような状態になります。

症状がどれくらいの強さで発生するのかによって充血度合いは変化しますが、ひどい場合は毛細血管の損傷が発生し、目の充血が引いた後も一部分が赤く充血したままになる場合もあるため、注意が必要です。

顔のほてり・紅潮

3つ目に紹介するのは顔のほてりや紅潮です。

顔のほてりや紅潮という症状もシルデナフィルの持つ血管拡張作用によって発生する現象です。

シルデナフィルの作用によって体中の血管が拡張される過程で、顔の血管も拡張されていきます。

そうすると血管内部を多量の血液が流れるような状態となり、拡張された顔の血管に対しても血液が流れこむようになります。

そして血管内部に血液が大量に流れこむような状態となると、血液によって顔がほてった状態となる、もしくは顔の紅潮といった症状が出るようになります。

このほてりや紅潮といった症状もカマグラを使用した後、しばらく時間が経ってから現れるものです。

そのため、薬の効果が弱まっていくに連れて徐々に紅潮なども治まってきます。

鼻づまり

3つ目に紹介するのは、鼻づまりの症状です。

シルデナフィルの効果で鼻づまりが発生するとはどういうことなのか、と思うかもしれませんが、これもカマグラを服用した際に起こる血管の拡張によって起こる症状です。

鼻の中には粘膜と呼ばれる部位が存在していますが、その場所には大量の毛細血管が存在しています。

この毛細血管がカマグラの作用によって拡張した状態になると、粘膜自体が血管の拡張によって腫れたような状態になります。

そうすると鼻道内部の面積が狭まった状態となり、鼻の内部が詰まったような状態、いわゆる鼻詰まりの症状が発生した状態となるのです。

鼻詰まりも血管の拡張がなくなるに連れて徐々に改善されていくため、まずは待つというのを意識してみましょう。

消化不良

次に紹介するのは消化不良の症状です。

この消化不良の症状は体内に存在する「平滑筋」という筋肉の活動が原因で起こる症状です。

平滑筋というのは自分の意志で動かすことができない筋肉のことで、胃や食道といった部位に存在しています。

この平滑筋はED治療薬の作用によって弛緩した状態となるため、カマグラを服用すると胃の平滑筋が緩んだ状態になります。

その結果、本来であれば胃から溢れないようになっている胃酸が常時逆流を起こしかけているような状態となり、胸焼けや胃食道逆流症といった症状が出るようになる、消化不良を起こすようになる、というように多くの副作用が出るようになります。

対策としては胃酸の分泌を抑制する医薬品の使用によって、逆流しそうになっている胃酸をそもそも作らない、という方法がとられる場合があります。

CK増加

最後に紹介する副作用はCK増加です。

CKというのはクレアチンキナーゼという酵素のことで、これは骨格筋や平滑筋といった筋肉の中にある酵素の1つです。

CKの値は禁区の細胞が破壊された時に上昇する数値で、激しい運動などでも上昇することが知られています。

そして筋組織が破壊されるとその部位に対して痛みなどの症状が現れることもあるため、CK値の増加に伴う体の痛みといった症状が発生する可能性もあります。

一時的なCK値の上昇であれば、身体に対して掛かる負担も少なく、すぐに値が正常値へと低下します。

しかし過剰なまでにCK値が上昇している場合、身体に対して悪影響が出始める恐れがあるため、もしCK増加に不安を感じ始めた時には一度医師による診察や処置を検討してみると良いかもしれません。

重度の副作用

次に紹介するのはカマグラの服用によって生じる重度の副作用です。

カマグラの副作用の中には非常に危険な症状が存在しており、発症後早急に対処を行わなければ命に関わる症状や、永続的な障害が残る症状もあります。

そのため、危険な副作用が現れた際にそれが危険な症状だと判断できる簡単な知識、そして正しい対処法を知るというのは非常に大切な事となります。

どういった危険な副作用があるのか、その副作用はどう判断すればよいのか、そしてどのように対処すれば良いのか、危険に備えるために知ってみましょう。

低血圧

初めに紹介する症状は「低血圧」です。

低血圧というのは、一見すると高血圧よりも身体に対して発生する影響が少なく、気にすることがない症状のように感じがちです。

しかし重度の低血圧の症状が現れてしまうと、心臓から送られる血液が上手く体の中を循環できなくなってしまい、命に関わる事態を引き起こしかねない症状なのです。

カマグラの服用によって怒る低血圧の症状というのは、カマグラのもつ血管拡張作用が過剰に現れる事によって発生するものです。

具体的な症状としてはショック症状といったものがあります。

カマグラを服用した後に、身体の震えや冷や汗などの症状が現れた際には、すみやかに最寄りの医療機関を受診し、適切な処置を受けるようにしましょう。

心筋梗塞

次に紹介するのは心筋梗塞です。

心筋梗塞というのはその名前の通り、心臓の筋肉に対して血液が送られなくなり、心筋が壊死する事によって発症する症状です。

この症状というのは実はED治療薬を服用した際に発生することのある症状です。

その理由として、心筋梗塞は心臓の血管内部にできるプラークと呼ばれる動脈硬化の病巣が、心臓の毛細血管などの血管を塞ぐことによって起こる症状だからです。

プラークというのは普段は血管内部に張り付いていますが、ED治療薬の硬化によって血管が弛緩し、拡張した状態となるとプラークが剥がれやすくなり、剥がれたものが体の中を流れていくと、症状が出るようになります。

したがって、心筋梗塞の可能性がある、動脈硬化を発症している、というような人はED治療薬の服用に慎重になる必要があります。

一日の摂取量を必ず守る

カマグラを服用した際に発生する多くの副作用、これらの症状が起こりにくくする方法として「用法用量を守る」というものがあります。

薬というのは用法用量を守って使用することにより、初めて正常な効果を発揮するものであり、用法用量を守らなければ身体に対して悪影響を及ぼします。

したがって、カマグラを服用する際に1日あたりの摂取量をきちんと守るというのを意識するだけで、副作用の発生確率は大幅に低下するのです。

もちろん用法用量を守っていたとしても副作用が現れる場合はありますが、確率そのものが大幅に低下し、安全性は高まっていくので、使用時には用法用量を必ず守るようにしましょう。