カマグラ≒バイアグラ

カマグラはバイアグラのジェネリックです。その効果はペニスの血流を活性化になり、力強い勃起を実感できることでしょう。

カマグラの効果は勃起を促す

男性にとっては死活問題とも言えるED、この症状を解消するために効果的な医薬品にカマグラと呼ばれるものがあります。

カマグラはED治療薬と呼ばれる、EDによって低下した性機能を回復させるような効果を持つ医薬品です。

EDを発症した状態になると、性的な興奮を感じた際に陰茎が正常に勃起しない状態となり、性行為に影響がでるようになります。

しかしカマグラを服用すると、カマグラの有効成分によって陰茎が正常に勃起するよう促されます。

その結果、今まではどれだけ興奮を感じたとしても正常に勃起していた時の半分ほどの硬度にしか勃起しなかった陰茎も、元通りに勃起するようになり、性行為が行えるようになります。

カマグラがもたらす作用

男性にとっては死活問題とも言えるED、この症状を解消するために効果的な医薬品にカマグラと呼ばれるものがあります。

カマグラはED治療薬と呼ばれる、EDによって低下した性機能を回復させるような効果を持つ医薬品です。

EDを発症した状態になると、性的な興奮を感じた際に陰茎が正常に勃起しない状態となり、性行為に影響がでるようになります。

しかしカマグラを服用すると、カマグラの有効成分によって陰茎が正常に勃起するよう促されます。

その結果、今まではどれだけ興奮を感じたとしても正常に勃起していた時の半分ほどの硬度にしか勃起しなかった陰茎も、元通りに勃起するようになり、性行為が行えるようになります。

バイアグラと同じ成分

カマグラの使用効果として現れるPDE-5の阻害作用というのは、ED治療薬の中でも非常に優れた効果を発揮することで知られる、バイアグラと同様のものとなります。

バイアグラはED治療薬と呼ばれる医薬品の先駆けで、世界で初めてEDの治療効果を持つ医薬品として販売されたものになります。

そしてバイアグラとカマグラの使用効果が同じものである理由として、有効成分として配合している物質がどちらも「シルデナフィル」であるという理由があります。

このような特定の医薬品と同様の成分を使用した他の医薬品、バイアグラと同じくシルデナフィルを使用した医薬品は「ジェネリック」と呼ばれるものになります。

ジェネリックは既存の医薬品と同じ成分を同じ量使用して作られている、既存のものを模倣して作っているという特徴のある医薬品になります。

したがって、ジェネリックとその基となった薬、カマグラはバイアグラと同等の効果があるのです。

中程度のEDでも勃起が出来る

シルデナフィルを使用した医薬品のカマグラですが、このカマグラはEDの中でも中程度の症状から重度の症状に対して非常に強い効果を発揮します。

したがって、性的な興奮を感じた際に全く勃起しないというような重度のEDのだけでなく、性的な興奮を感じた際に半勃ち程度の勃起はするという症状にも使用できます。

シルデナフィルの特徴として、服用後「胃の中で吸収される」という特徴があります。

そのため、カマグラを服用した際に得られる効果というのは胃の中に食品などの不純物が混ざった状態で服用してしまうと、吸収が阻害されてしまうことがあります。

カマグラを服用する際には空腹時での服用、もしくは食後に休憩をはさみ、胃の内容物がある程度減少した状態になったのを見計らって服用するようにしましょう。

個人差によって痛く感じる可能性

カマグラの有効成分であるシルデナフィルの使用効果というのは非常に強いことが知られています。

シルデナフィルを使用したED治療薬としてバイアグラがありますが、このバイアグラというのは今現在販売されているED治療薬の先発薬、バイアグラとレビトラ、シアリスの中でも最も強い効果があります。

そしてそんな強い効果を持っているバイアグラを基にしてこのカマグラと言うのは作られているため、カマグラの使用効果もバイアグラと同じく非常に強いものとなっています。

効果の強さをどう感じるのかは人によって異なりますが、体質等によっては服用後勃起すると陰茎全体に痛みを感じることもあるほどに強い効果があります。

したがって、バイアグラを使用する際にはまずは少量から服用を開始し、効果の強さを確かめながら服用量の調節を行うとよいでしょう。

勃起は継続しない

バイアグラを使用する上での注意点として、バイアグラは永続的な効果が発生する医薬品ではなく、一時的な効果しか現れないという点があります。

バイアグラは服用後約1時間で体内に有効成分のシルデナフィルが吸収され、効果が現れ始めます。

そして効果が現れ始めた後、徐々に効果が強まり、ピークを迎えた後はゆるやかに効果が低下していきます。

効果が現れ始めてから完全に喪失するまでの時間は人によって異なりますが、平均すると5時間ほどと言われています。

したがって、バイアグラを服用した上で性行為を行うのであれば、服用後5時間以内に行為に及ぶように意識しましょう。

最も強く効果が現れるタイミングと性行為のタイミングを被らせる場合、性行為の1時間前に服用するなどの工夫を取る必要が有るため、その点に関しても注意をするようにしましょう。

食事の影響で効果が半減

カマグラを服用する際の注意点として、別項でも簡単に紹介しましたが「食事によって効果が弱まる」という注意点があります。

カマグラの有効成分であるシルデナフィルというのは、口から入った錠剤が胃の中で溶け、胃壁から吸収された後に全身へ行き渡ります。

そのため、空腹状態で何も胃に入っていなければ胃で溶けたカマグラがスムーズに吸収されていきます。

しかし食事を行って胃が満たされた状態でカマグラを服用した場合、シルデナフィルが正常に胃壁から吸収されていかなくなります。

その結果、本来よりもシルデナフィルの吸収量が減少してしまい、正常な使用効果が得られなくなるのです。

また、食事量は少なくとも脂質の多い飲食物を摂取した場合、胃壁に対して油膜が作られた状態となります。

その結果、胃壁から薬液が吸収されなくなってしまい、空腹に近い状態であっても効果が弱くなってしまうのです。

胃壁からの吸収を正常に行わせる方法としてはまず食後など胃に内容物がある状態で服用しないというのが基本的な注意点になります。

そして次に油分が多いものを摂取した後に服用しない、という点も意識しておけば、カマグラを何も問題なく服用できるようになるでしょう。

性欲を高める効果は無い

ED治療薬を使用する上で多くの人が勘違いしている事に「ED治療薬は性欲を高める」という勘違いがあります。

ED治療薬の使用効果として陰茎の勃起が促進される作用があります。

そのことから、服用すると男性ホルモンが増加し、性的な興奮を感じた際に勃起しやすくなる、性機能が高まる、といった勘違いをしている人が非常に多くいるのです。

しかし実際には性機能が高まっているのではなく、勃起の際に必要となる酵素が体内で分解されにくくなっているだけです。

男性ホルモンの働きによる性欲の高まりというのはその人が生まれつき持っている気質や生活習慣などによって増減するもののため、ED治療薬のカマグラにはその増減に対しての影響を与える効果はないのです。

カマグラなどのED治療薬を服用する際には、その点に関して注意をしながら服用するようにしましょう。

性欲が無ければ効果は得られない

ED治療薬そのものに性欲を高めるような働きはなく、体内で起こる勃起を鎮めるような働きに対して影響を与えるのみです。

しかし性欲というのはED治療薬の効果を発揮させるために非常に重要な要素であり、性欲が喪失しているような状態であれば、ED治療薬を使用しても勃起しなくなります。

そのため、ED治療薬を使用する際には性欲を高める、男性ホルモンの分泌量を増加させる必要があります。

男性ホルモンの分泌量を増加させる方法としては医療機関での適切な治療、運動、食生活の改善や見直しといったものがあります。

体内の男性ホルモン分泌量を増加させることによって、ED治療薬の使用効果がより実感しやすくなるため、治療薬による改善の際には同時にホルモン分泌量の上昇なども目指してみると良いでしょう。